バイナルグラフィックはなぜ派手なの?

バイナルグラフィックはなぜ派手なの?

バイナルグラフィックはなぜ派手なの? バイナルグラフィックは塗装とは異なり、派手なデザインや色使いのものが多く見られます。
その理由としては、塗装よりも鮮やかな色を使ってプリントすることができることが挙げられます。
塗装は太陽の紫外線の影響を受けて劣化するものです。
そのために、使用できる色は限られていますし、耐久性の高い明るい色のインキは価格も高くなります。
その点、バイナルグラフィックで使用するインキはそのような心配がないので、思うままの色使いを楽しむことが可能です。
そのために、塗装では出せない派手な色合いが多くなるわけです。
また、塗装と異なり思い切った大胆なデザインを楽しむことができるのも理由となります。
塗装は失敗したら、簡単には直すことができないものです。
けれどもバイナルグラフィックの場合には、フィルムを剥がすだけですぐに元の状態に戻すことができます。
買い替えをする場合にも跡を残すことなく戻せるので、安心して色んなデザインを楽しめるというわけです。
また宣伝目的で利用されることも多いので、できる限り派手なデザインにすることが多くなるものです。
もちろん、個人で楽しむ場合にも明るい彩度の高い色を楽しむ傾向が多く見られるようになります。

職人の腕が物を言うバイナルグラフィック

職人の腕が物を言うバイナルグラフィック 車を好みのデザインに彩るものがバイナルグラフィックです。
痛車と呼ばれるアニメ調のデザインで塗装されたものが有名ですが、いかに優れたデザインを施すかは職人の腕によります。
バイナルグラフィックはカッティングステッカーやカラーステッカーを車に貼ることで施工します。
あるいはマグネットステッカーを利用してキャラクターを描くなど、職人が工夫をすることで望む絵柄を車に描くことが可能となります。
文字もカッティングステッカーを切り抜くことで加工しています。
そのデザインを描いたり切り出す技術は相当に高いものです。
まさに職人と呼ばれる技を身につけなければ上手く施工することができないものです。
キャラクターのデザインは持ち込めるので、好きな絵柄をそのまま車体に描くことが可能となります。
ただし、その仕上がりは手掛ける職人の腕に左右されることになります。
さらにプリントしたシートをカーブのある車体にいかに気泡を入れることなく貼るかも、技術を必要とします。
実はアメリカでも一般的にこのバイナルグラフィックは利用されています。
日本とは異なり、一種の芸術とも言える域に達したものです。
ラミネート加工されたシートを使うことで保護する役割も持っています。

カーラッピング関連オススメリンク

施工実績のあるカーラッピングの制作サイト

カーラッピングの依頼